Autodesk Inventor(オートデスク インベンター)の使い方

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

トップページスライド1

Autodesk Inventor(オートデスク インベンター)の使い方をわかりやすく解説

Autodesk Inventor Professional 2014に対応しました。

   ※旧サイトのバージョン2008の使い方はこちら

トップページスライド2
トップページスライド2
図面枠表題欄の設定方法や

概要 Summary

Inventorの部屋はAutodesk Inventor(オートデスク インベンター)Professional 2014の使い方を掲載しています。   これからインベンターを始める方や、もっと効率的に作業がしたいという方の為にわかりやすく解説しています。   もし間違ってたり、違う方法があればご指摘をお願いします。その他ご意見、ご感想お待ちしております。   掲示板へ

機械設計請負います 機械設計請負います 見積りシミュレーション

コンテンツ一覧 Content List

プロジェクト

プロジェクト

図面

図面

材料と外観

材料と外観

パーツ

パーツ

iMate

iMate

チューブ&パイプ配管

チューブ&パイプ配管

スケッチ

スケッチ

iPart

iPart

   
フィーチャ

フィーチャ

iFeature

iFeature

フレームジェネレータ

フレームジェネレータ

作業フィーチャ

作業フィーチャ

iProperty

iProperty

Pack and Go

Pack and Go

アセンブリ

アセンブリ

アプリケーションオプション

アプリケーションオプション

リプレゼンテーション

リプレゼンテーション

ジョイント

ジョイント

カスタマイズ

カスタマイズ

Inventor Studio

Inventor Studio

アセンブリ拘束

アセンブリ拘束

スタイル

スタイル

分解プレゼンテーション

分解ビュー

表示

表示

シートメタル

シートメタル

構造解析

構造解析

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード