Inventorの部屋

iFeatureは作成したフィーチャを保存しそれを再使用します。

iFeature - 挿入

iFeatureの目次

挿入

iFeatureを挿入します。
※ここではiFeatureを作成したツメの先端形状のフィーチャを挿入する例を解説します。

  • 1.[管理][挿入][iFeature挿入]をクリック。
    挿入するiFeatureのファイル(ここではiFeatureを作成した[ツメ])を選択。
    挿入する面をクリックし、[次へ]をクリック。
    値を任意の寸法に変更し、[次へ]をクリック。
    [スケッチ編集をすぐにアクティブにする]を選択して[完了]をクリック。
    iFeature - 挿入
  • 2.四角の上の線分の中央とスケッチの上の線分の中央を一致拘束してスケッチを終了。
    ※ここでは一致拘束のみですが、フィーチャ(スケッチ)によって他の拘束をしたり、寸法を入力します。
    iFeature - 挿入
    iFeatureの完成。
    iFeature - 挿入