初心者講座 - Inventorの部屋

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

初心者講座Beginner course - アセンブリ作成手順 - ジョイント、拘束の作成

ここでは初めてInventorを使って3D図面を書く時のとっかかりとしてアセンブリ複数のパーツを集めて組み立てたもの。
※一般的な意味は
機械の組立。
(組立)を作成する手順を紹介します。

  1. プロジェクトの作成
  2. アセンブリの作成
  3. パーツの作成
  4. スケッチの作成
  5. フィーチャの作成
  6. パーツの配置
  7. ジョイント、拘束の作成
7.ジョイント、拘束の作成

パーツ部品。を配置したらそれをジョイントや拘束 スケッチでの寸法やアセンブリでのパーツ間の位置関係などを決める規則。
※一般的な意味は
行動の自由を奪うこと 。
で組み立てていきます。
ここではジョイント作成の解説をします。

操作方法
ジョイント - 接続
  1. [アセンブリ]右矢印[関係]の[ジョイント]をクリック。
ジョイント - 接続
他のやり方 - 1

ショートカット(エイリアス)括弧J括弧を押す。

※[ジョイント]のショートカット(エイリアス)は既定では無いので追加する必要があります。

※ショートカット(エイリアス)の変更・追加のやり方はこちら

ジョイント - 接続
他のやり方 - 2

右クリックして[ジョイント]をクリック。

下矢印
ジョイント - 接続
  1. ジョイント(接続)する原点としてパーツの軸と穴を順番にクリック。
  2. [タイプ]が自動的に変更されるのでここでは[回転]を選択し、状況に応じて反転したりギャップの距離を入力して[OK]をクリック。
ジョイント - 接続

ジョイントの完成。

下矢印
アセンブリ - 新規作成
  1. 以下、同様にパーツやサブアセンブリを作成、配置し、拘束などでアセンブリを作成します。

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード