iMate - Inventorの部屋

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

iMateiMate - 配置

iMateではパーツ部品。拘束 スケッチでの寸法やアセンブリでのパーツ間の位置関係などを決める規則。
※一般的な意味は
行動の自由を奪うこと 。
を限定しておくことで、パーツを配置した時に自動的に拘束を行います。

配置

iMateを配置します。※ここではiMateを作成したフレームにキャップを配置する例を解説します。

操作方法
iMate - 配置
  1. アセンブリ環境でフレームを配置
  2. 次にキャップを配置する時に[iMate でインタラクティブに置換]を選択。
下矢印
iMate - 配置
  1. キャップが自動的に配置され、ステータスバー配置に対応するパーツ名とiMateの名前が表示されるのでOKであれば任意の位置でクリックするかキーボードの[Enter]を押す。
    拘束位置が違う場合はキーボードの矢印キーで切り替え。
下矢印
iMate - 配置
  1. 上記操作を繰り返し終了したら右クリックして[OK]をクリックするかキーボードの[Esc]を押す。
iMate - 配置
他のやり方

上記2で[指定の場所に iMate を自動生成]を選択すると一致するiMateが全部自動的に拘束されます。

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード