アセンブリ - Inventorの部屋

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

アセンブリAssembly - ミラー

アセンブリ複数のパーツを集めて組み立てたもの。
※一般的な意味は
機械の組立。
ではパーツ部品。を作成、配置しそれを拘束やパターン化などして組み立てていきます。

ミラー

アセンブリやパーツをミラー化します。

操作方法
アセンブリ - ミラー
  1. アセンブリを新規作成するか、既存のファイルを開きパーツを適宜配置、拘束し [アセンブリ]右矢印[パターン]の[ミラー]をクリック。
アセンブリ - ミラー
他のやり方 - 1

ショートカット(エイリアス)括弧Ctrl + M括弧を押す。

※[ミラー]のショートカット(エイリアス)は既定では無いので追加する必要があります。

※ショートカット(エイリアス)の変更・追加のやり方はこちら

アセンブリ - ミラー
他のやり方 - 2

[Ctrl]を押しながら右クリックしたまま[ミラーコンポーネント]にドラッグして放す。

※[ミラーコンポーネント]のマーキングメニューは既定では無いので追加する必要があります。

※マーキングメニューの追加方法はこちら

下矢印
アセンブリ - ミラー
  1. [コンポーネント]をクリックしてミラー化するパーツ又はアセンブリを選択します。
アセンブリ - ミラー
他のやり方 - 1

ブラウザパーツ、アセンブリ、図面内の各要素(フィーチャや拘束状態、部品構成等)をツリー状に表したもの。から(2つ以上選択する時はキーボードのShift(範囲選択)かCtrl(複数選択)を押しながら)選択する。

アセンブリ - ミラー
他のやり方 - 2

ドラッグ&ドロップで全部か一部を選択してから[ミラー]を実行する。

下矢印
アセンブリ - ミラー
  1. 一番上にあるステータスボタン(左図赤枠参照)をクリックしてミラーの方法を変更します。
    ステータスボタン は新しいファイルを作成します。
    例:05.iptは05_MIR.iptという別のファイルを作成します。
    ※通常ミラー化する場合はこちらを選択します。
    ステータスボタン はファイルを再使用します。
    例:05.iptが2個になります。
    ※ミラー化はされず対称面に対して移動回転するだけです。
下矢印
アセンブリ - ミラー
  1. [対称面]をクリックして面を選択し、
    [次へ]をクリックしてファイル名など変更がなければ[OK]をクリック。
下矢印
アセンブリ - ミラー

ミラー化の完成。

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード