iFeature - Inventorの部屋

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

iFeatureiFeature - 作成

iFeatureは作成したフィーチャ 変更できる形状。
※一般的な意味は
直訳すると「(形状の)特徴」。
を保存しそれを再使用します。

作成

iFeatureを作成します。※ここではツメの先端形状のフィーチャを例に解説します。

操作方法
iFeature - 作成
  1. 任意の面にスケッチを作成し押し出しフィーチャ(切り取り)を作成。
下矢印
iFeature - 作成
  1. [管理]右矢印[オーサリング]の[iFeatureを抽出]をクリック。
下矢印
iFeature - 作成
  1. ブラウザパーツ、アセンブリ、図面内の各要素(フィーチャや拘束状態、部品構成等)をツリー状に表したもの。で作成したフィーチャをクリックし、[選択されたフィーチャ]から必要な寸法をダブルクリックして[サイズパラメータ]に追加し、必要に応じて[名前]をわかりやすい名前に変更。
  2. [保存]をクリックし、ファイル名をわかりやすい名前(ここでは[ツメ])にして保存。

    ※保存場所は既定ではAutodesk\Inventor 2014\Catalog\になっていますが、アプリケーションオプションの[iFeature]タブで変更できます。

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード