スケッチ - Inventorの部屋

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

スケッチSketch - AutoCadファイルの挿入

スケッチではパーツ部品。を作成するための2D及び3Dスケッチを作成します。

AutoCadファイルの挿入

市販品などでAutoCAdファイル(dwg,dxf)の2D図面しかない場合などにスケッチに挿入して3D図面に利用します。

操作方法
スケッチ - AutoCadファイルの挿入
スケッチ - AutoCadファイルの挿入
  1. [スケッチ]右矢印[挿入]の[ACAD]をクリックして挿入するファイル(dwg,dxf)を選択し、[選択インポート]で不要な図面枠や表題欄などのチェックを外して[次へ]をクリック。






    [端点を拘束]、[スケッチ拘束を適用]を必要に応じてチェックを入れて[完了]をクリック。
スケッチ - AutoCadファイルの挿入
他のやり方 - 1

dwgファイルの場合
Inventorでdwgファイルを開き、挿入する図面を選択してコピー(右クリックでコピーを選択かキーボードのCtrl + C)し、スケッチに貼り付ける(右クリックで貼り付けを選択かCtrl + V)。

スケッチ - AutoCadファイルの挿入
他のやり方 - 2

dxfファイルの場合
Inventorでdxfファイルを開き、[次へ]をクリックし、[選択インポート]で不要な図面枠や表題欄などのチェックを外して[次へ]をクリック。
[端点を拘束]、[スケッチ拘束を適用]を必要に応じてチェックを入れ、[2D データの出力先]で[新規パーツ]の[プロジェクトワイヤを2Dスケッチに]を選択して[完了]をクリック。

下矢印
スケッチ - AutoCadファイルの挿入
  1. 貼り付けた図面を[押し出し]などでフィーチャを作成してパーツを完成させますが、端点などが拘束されてない場合は押し出す面を選択出来ないので、スケッチ編集(編集状態になっていない時はブラウザパーツ、アセンブリ、図面内の各要素(フィーチャや拘束状態、部品構成等)をツリー状に表したもの。でスケッチをダブルクリック)で右クリックして[sketch Docter]をクリック。
    [スケッチを診断]右矢印[OK]をクリックして[オープンループ]を選択して[次へ]をクリック。
    そのまま[次へ]右矢印[ループを閉じる]を選択して[終了]をクリック。
    [OK]をクリックして線を選択と[はい]をループが完全に閉じるまで繰り返し”ループが完全に閉じられました。”で[OK]をクリック。

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード