スケッチ - Inventorの部屋

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

スケッチSketch - 寸法 - 自動追加

スケッチではパーツ部品。を作成するための2D及び3Dスケッチを作成します。

寸法 - 自動追加

スケッチで作成した2D図面に自動で寸法を追加します。※ここでは長方形の自動寸法追加方法を解説します。

操作方法
スケッチ - 寸法 - 自動追加
  1. [スケッチ]右矢印[拘束]の[自動寸法及び拘束]をクリックし、長方形とCenter PointブラウザのOriginフォルダを展開すると表示される原点。をドラッグ&ドロップして全部選択し[適用]右矢印[完了]をクリック。
下矢印
スケッチ - 寸法 - 自動追加
スケッチ - 寸法 - 自動追加
  1. 自動的に[Center Point]を基準とした寸法が入力されます。







  2. [Center Point]からの寸法を1/2にすることでX、Yが対称になります。
    ※寸法を1/2にするには
    原点からの寸法(d3)をダブルクリックで編集状態にし、d1寸法をクリックしてキーボードで/2を入力して[Enter]を押す。
下矢印
スケッチ - 寸法 - 自動追加

X,Yの寸法をそれぞれ編集して[Center Point]から1/2にした状態。

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード