iFeature - Inventorの部屋

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

iFeatureiFeature - 挿入

iFeatureは作成したフィーチャ 変更できる形状。
※一般的な意味は
直訳すると「(形状の)特徴」。
を保存しそれを再使用します。

挿入

iFeatureを挿入します。※ここではiFeatureを作成したツメの先端形状のフィーチャを挿入する例を解説します。

操作方法
iFeature - 挿入
  1. [管理]右矢印[挿入]の[iFeature挿入]をクリック。
下矢印
iFeature - 挿入
  1. 挿入するiFeatureのファイル(ここではiFeatureを作成した[ツメ])をクリック。
  2. 挿入する面をクリックし、[次へ]をクリック。
  3. 値を任意の寸法に変更し、[次へ]をクリック。
  4. [スケッチ編集をすぐにアクティブにする]を選択して[完了]をクリック。
  5. 四角の上の線分の中央とスケッチの上の線分の中央を一致拘束(左図)し、完全拘束にしてスケッチを終了。

    ※ここでは一致拘束のみですが、フィーチャ(スケッチ)によって他の拘束をしたり、寸法を入力して完全拘束します。
iFeature - 挿入

iFeatureの完成。

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード