Inventorの部屋

iPropertyはアセンブリパーツなどの様々な情報です。
その情報を図面のパーツ一覧や表題欄に表示します。

iProperty - カスタムの設定

iPropertyの目次

カスタムの設定

パーツのiPropertyは部品のタイトル(品名)や部品番号、材料などの情報ですが、それらはアセンブリの部品表で管理出来るのでここではパーツ及び図面のカスタムの設定について解説します。

  1. いつも同じiPropertyのカスタムの設定を使用出来るようにテンプレート(既定では%PUBLICDOCUMENTS%\Autodesk\Inventor %RELEASE%\Templatesフォルダの[Standard.ipt]、図面は[Standard.dwgかidw])を開いて[ファイル][iProperty]をクリックしてiPropertyを表示します。
    iProperty - カスタムの設定
    他のやり方 - 1

    ブラウザで参照ファイルを右クリックし、[iProperty]を選択してiPropertyを表示します。
    iProperty - カスタムの設定
    他のやり方 - 2

    ショートカット\を押す。

    ※[iProperty]のショートカットは既定では無いので追加する必要があります。

    ※ショートカットの変更・追加のやり方はこちら

  2. [カスタム]タブをクリックし、パーツの場合[名前]に[個数]などを入力
    iProperty - カスタムの設定
    全て入力したら[OK]をクリックしファイルを保存して閉じます。
    iProperty - カスタムの設定
    図面の場合[設備]などを入力して同様に全て入力したら[OK]をクリックしファイルを保存して閉じます。
    iProperty - カスタムの設定
    ※上記で追加した名前をパーツの場合アセンブリの部品表に追加出来ます。
    図面の場合表題欄に表示出来ます。