iPart - Inventorの部屋

Inventor Room

3D CAD図面作成おすすめ商品

バージョン Autodesk Inventor Professional 2014

バージョン2008の使い方はこちら

iPartiPart - 作成

iPartを作成したパーツ部品。で1つのパーツから色々な寸法のパーツを作成します。

作成

iPartを作成します。※ここではプレートにiPartを作成する例を解説します。

操作方法
iPart - 作成
  1. プレート(直方体を作成し保存したパーツ)を開き、[管理]右矢印[オーサリング]の[iPartを作成]をクリック。
下矢印
iPart - 作成



iPart - 作成
  1. 左側から必要な寸法をダブルクリックして右側に追加。
  2. 右側か下の段の名前(d0など)を右クリックして[カスタムパラメータの列]をクリック。
    ※カスタムパラメータの列を設定しておくことでパーツを配置時に寸法を変更出来ます。

    ※左図のようにカスタムパラメータの列を設定せずに下の段の行を右クリックで[行を挿入]をクリックし、様々な寸法を設定してパーツを配置時にそれを選択することも出来ます。
iPart - 作成

[その他]のタブで[d0]などの名前を変更出来ます。

ショートカット(エイリアス)一覧

アセンブリテンプレート
Standard.iamをダウンロード

図面テンプレート
Standard.dwgをダウンロード